農林中央金庫

新卒採用サイト 2019

意味のある銀行

特定職の仕事

IT、IoTをはじめとした著しい技術革新、さらにグローバル化による業務領域の拡大等、
金融事業を取り巻く環境は大きな変化を続けています。
特にIT、決済、事務、という3つの部門において、
現状はもちろん、次代に向けて、最新の技術やノウハウをキャッチアップして、
適切かつ確実な対策を実施し続けるためには
専門的な知識と高度な能力を持ったスペシャリストの存在が不可欠になっています。
特定職は、その領域のエキスパート人材として農林中央金庫の業務遂行をリードする役割を担っています。

特定職の活躍フィールド

特定職の活躍フィールド

01IT統括部

IT統括部が担う役割

JAバンクおよび農林中央金庫の業務を支えるシステムの
安全かつ安定した稼働と、利便性の向上等を担います。

JAバンクおよび農林中央金庫が取組む食農・リテール・投資各ビジネスが効果的、効率的に展開できる様、多様なITインフラの運営、構築を通じて、支え、高める役割を担うとともに、農家組合員をはじめとするJAバンクおよび農林中央金庫の利用者の安全・安心を支えるITインフラを運営、構築する役割を担っています。

IT統括部の業務内容

JAバンクのシステム運営

全国のJAが利用するシステム(JASTEM)の安定運営と、機能改善を通じた利便性の向上等による、JAのお客様の満足度向上に向けた取組みを担います。

農林中央金庫のシステム運営

国内外への投融資やリスク管理等を支えるシステムの開発・運営を通じた、農林中央金庫の事業戦略実践のサポート、高度化に向けた取組みを担います。

02事務企画部

事務企画部が担う役割

JAバンクおよび農林中央金庫の業務運営に不可欠な事務インフラを企画・提供し、効率化・堅確化に関する企画を担います。

食農・リテール・投資各ビジネスの実践に不可欠な事務インフラを提供する役割を担い、金融業務を取り巻く環境変化や事業戦略の見直し、法令・制度の改正等に応じて、事務の効率化や顧客の利便性向上の視点に立って各種事務企画を行います。そのほか、事務構築に必要なシステムの開発工程の一部を担うとともに、事務品質の維持・向上に向け、事務リスクのコントロールおよび店舗事務指導に取り組みます。

事務企画部の業務内容

事務の堅確性と効率性の確保

事務業務を正確かつ迅速に行うためのマニュアル・手続きの整備による事務効率化に向けた事務フローの改善を実施します。

JA営業店事務の改革

JAの営業店における事務効率化に関する企画・運営等を通じて、JA営業店の事務の堅確性の向上に向けたサポートを行います。

JASTEMの業務要件整備

全国のJAが利用するシステム(JASTEM)に必要な機能や性能の設計システムの安定利用に向けたサポート業務を担います。

03決済企画部

決済企画部が担う役割

金融機能の中核の1つである決済インフラ等について、
将来を見据えた戦略的な諸企画を担います。

JAバンクが行う信用事業における決済業務や代理業務等について、その全国機関として制度運営、インターネットバンキング・ATM(非対面チャネル)戦略、BPO(事務集中)戦略にかかる企画等に取組みます。現在は、金融審議会「決済業務等の高度化に関するワーキング・グループ報告」を踏まえ、決済インフラの高度化にも注力しています。

決済企画部の業務内容

決済インフラ等の安定運営

JAバンクや農林中央金庫の決済、さらにJA事務の集中化等の企画・管理・運営を通じて、安定したお客様向けサービスの提供を担います。

決済サービスのイノベーション対応

JAバンクのATMやインターネットバンキング等、非対面サービスの機能強化を図ること、さらに決済インフラ改革に関する企画等を通じて、送金サービス等におけるお客様の利便性向上を担います。