意味のある銀行

ダイバーシティ

ダイバーシティ
推進のための各種制度

農林中央金庫は、多様な職員が能力や個性を発揮し、長期にわたり活躍できる職場環境づくりに取り組んでいます。

農林中央金庫における
「仕事」と「家庭」の両立支援策

●女性活躍推進のための行動計画

女性職員の更なる活躍を後押しするため、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に基づく行動計画を策定しています。

計画期間は、平成28年度から平成30年度までの3か年とし、総合職の新卒採用者に占める女性割合20%、男性の育児休業取得率20%を目標に設定しています。

●くるみん認定の取得

行動計画に掲げた取組み以外にも、仕事と育児の両立に向けた意識啓発、ワークライフバランス促進のための全国統一早帰り運動・毎週水曜日の早帰りデー・年休取得の促進、女性職員向けキャリア開発研修の実施といった取組みを実施しています。
こうした取組みを通じて、子育てサポートに取組む企業として、厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を取得しています。

くるみん

●女性活躍に関連する情報公表(H29.4.1時点)

項目 実績 時点
新卒採用者に占める女性の割合 総合職:26%
地域職:79%
平成29年度入庫
育児休業取得率 男性:23%
女性:100%
平成28年度
平均勤続年数 男性:12年9か月
女性:15年6か月
平成27年度末
ひと月あたりの平均残業時間 14.1時間 平成27年度
年次有給休暇の取得率 55.5% 平成27年度
管理職に占める女性の割合 3.9% 平成27年度末
女性の管理職登用率
(入庫15年目以上)
総合職:100% 平成27年度末