意味のある銀行

協同組織の全国金融機関として

「一人は万人のために、万人は一人のために」を合言葉に、農林水産業に従事されている方々の力で経済的・社会的地位の向上を図るためにつくられたのが、農業協同組合(JA)、漁業協同組合(JF)、森林組合(JForest)です。
わたしたちの協同組織は、貯金や貸出などの業務を行う「信用事業」、農林水産業者に対する事業や生活面での指導を行う「指導事業」、農林水産物の販売や生産資材などの購買を行う「経済事業」、生命共済や自動車共済を扱う「共済事業」など、さまざまな事業を行っています。
このような幅広い事業を行う市町村段階の農協、漁協、森林組合から、それぞれ事業ごとに組織された都道府県、全国段階の連合会にいたる協同組織を「系統組織」と呼んでいるのです。
わたしたち農林中央金庫は、これらの協同組織を基盤とする全国の金融機関であり、協同組織のため金融の円滑を図ることにより、農林水産業の発展に寄与し、もって国民経済の発展に資すること基本理念としています。

資金の流れ

農林中央金庫は、会員の皆様からの預金(その大部分は、JA・JFが組合員などからお預かりした貯金を原資とした預け金)や、市場から調達した資金を、農林水産業者、農林水産業に関する一般企業、地方公共団体などへの貸出のほか、有価証券投資などにより効率的に運用し、会員の皆様へ安定的に収益を還元するとともに、さまざまな金融サービスを提供しています。

●単位未満を処理した結果,運用と調達の計が一致しない場合があります。

※1
一部の県域では,JA(農協)が農林中金に直接預金を預け入れる場合もあります。

※2
JA(農協)およびJA信農連の貸出金には金融機関向け貸出金は含んでおりません。

※3
農林中金の残高は,海外勘定を除いております。

※4
農林中金の預金は,JAグループ以外にも,JF・JForestグループおよび金融機関などからの預金も含みます。