意味のある銀行

3つのビジネス

農林水産業と食と地域のくらしを支えるリーディングバンクへ

農林水産業を取り巻く環境は時代に応じて変化しています。そのなかで農林中央金庫は金融業務を通じて、農林水産業の発展に貢献する唯一の民間金融機関として役割を果たし続けるために、ビジネスモデルを柔軟に変化させてきました。現在、そしてこれからの時代に向けて、わたしたちが担う役割として主軸に置くのは「食農ビジネス」「リテールビジネス」「投資ビジネス」の3つのビジネス領域です。これからの農林水産業の成長と発展に向けて、使命をもって取り組んでいきます。

食品ビジネス 農林水産業者へ総合的なサービスの提供
リテールビジネス JAバンク、JFマリンバンクの全国機関としての機能提供
投資ビジネス 機関投資家としての資金運用