意味のある銀行

農林中央金庫の存在意義

農林水産業を支える使命

農林中央金庫は、設立の根拠法「農林中央金庫法」が定めるとおり、「金融業務を通じて、農林水産業の発展に貢献するとともに、国民経済の発展に資する」という明確な使命を持っています。1923年の設立当初から現在まで、時代背景や農林水産業者のニーズにあわせてその役割や支援内容を変化させながら、農林水産業を支え続けてきました。そして農林水産業を取り巻く環境変化が著しいと予想されるこれからの時代を見据え、新たなニーズをとらえて様々な取り組みを展開していくことが、農林中央金庫の役割でありミッションです。

時代に応じてビジネスモデルを変化させる

農林中央金庫の役割

時代背景

1923年〜60年代

農家への融資

太平洋戦争からの復興期

1970年〜90年代

資金運用の拡大

高度経済成長期からバブル期

2000年〜現代

JAバンクシステムと国際分散投資

バブル終焉から低成長期

これから

食農ビジネス リテールビジネス 投資ビジネス