農林中央金庫

新卒採用サイト 2019

意味のある銀行

OUR IDENTITY 農林中央金庫の存在意義

農林水産業を支える使命

農林中央金庫は、「農林水産業者の協同組織のために多様な金融機能を提供することを通じて、農林水産業の発展に寄与するとともに、国民経済の発展に資する」という明確な使命を持つ協同組織を基盤とする民間の金融機関です。1923年の設立当初から現在まで、時代背景や農林水産業者のニーズにあわせてその役割や支援内容を変化させながら、農林水産業を支え続けてきました。そして農林水産業を取り巻く環境変化が著しいと予想されるこれからの時代を見据え、新たなニーズをとらえてさまざまな取り組みを展開していくことが、農林中央金庫の役割でありミッションです。

時代に応じてビジネスモデルを変化させる

1923年〜60年代農林中央金庫の役割

時代背景太平洋戦争からの復興期
戦前・戦後から高度経済成長期まで、農林水産業に携わる生産者は資金不足の状態にありました。このような状況に対して、農林中央金庫は、地域の協同組織を通じて、生産者への融資の原資供給など、金融サービスで生産者を支援しました。

1970年〜90年代農林中央金庫の役割

時代背景高度経済成長期からバブル期
組合員や地域の利用者のみなさまからお預かりした貯金が大きく伸びてきた1970年代以降、私たちは、農林水産業に関連する企業への投融資や、国内短期資金市場への資金供給、日本国債への投資などを通じて、我が国の旺盛な資金需要に応えました。

2000年〜現代農林中央金庫の役割

時代背景バブル終焉から低成長期
1990年代後半から低金利の環境において、安定した収益を会員に還元するために、いち早くグローバルな金融市場で本格的な国際分散投資を開始しました。確かな実績を上げてきた農林中央金庫は、世界有数の機関投資家として、マーケットで広く認められています。

これから農林中央金庫の役割

「食農ビジネス」「リテールビジネス」「投資ビジネス」の3つのビジネスを通じて、これからの農林水産業の成長産業化に向けて、全力で取り組んでいます。

Other Contents